最近家族葬という言葉をよく見かけるようになりました。
費用も安く済みますし、なにより弔問客の対応や、葬儀の流れなどに追われることなくゆっくりと故人様とのお別れの時間を取ることが出来ることから多くの方が家族葬という形式で葬儀を行っています。

家族葬とはその名の通り、身内や親族だけなどのごく内輪だけで執り行う葬儀のことを言います。

社会的な儀礼やマナーにとらわれることなく比較的自由に最期の時を過ごすというスタイルの葬儀です。

やり直しが出来ない葬儀だからこそ大切な人たちのみで故人様をお送りすることができます。

また形式的なことを行わないことも多いので費用も抑えることができ、葬儀にお金をかけたくない方にも選ばれています。

あなたのご要望に応じた47NEWSの最新情報を見つけよう。

もちろん、家族葬を行う際も葬儀社へ依頼する必要があります。



最近では専門の葬儀社も増えてきましたが実際どのくらい費用がかかるのでしょうか。一般的に葬儀には葬儀本体、お寺関係、飲食接待とお金がかかりますが、お寺関係以外は安く抑えることが可能になります。
参列者も少ないので飲食接待費はほとんどかかりませんし、返戻品も少なくて済みます。

身内だけですので質素でシンプルなものを選ぶことが多いです。

したがって大型の祭壇や派手な飾りや花などは避けられることが多くそのぶんの費用が安くなります。

葬儀社によって異なりますが20万円から120万円程度で家族葬は行うことができます。

家族葬の費用の最新情報を紹介しています。

一般的な葬儀ですと、平均199万円と言われておりますので格段に安く葬儀を行うことができます。